木造住宅の解体工事の流れ

お電話などでご連絡を頂いたら、まず現地及び周辺の状況を見させていただきます。
これに基づいてお見積もりを作成いたしますので、ご納得いただければご契約。
解体の日取りを決めて着工となります。

1.ライフラインの停止
解体前に、電気、ガス、電話、インターネットなどのライフラインの停止をお願いいたします。水道は解体の際に使用させていただきますので、解体後の停止となります。浄化槽がある場合は、汲取りもお願いいたします。
2.各種届出
解体には建設リサイクル法に基づき、事前の届け出が必要になる場合があります。対象となる例として「総床面積が80平米以上の建物」「特定建設資材を用いた建物」などがあり、着工の7日前までの届け出が必要となりますが、委任状添付により代理で申請を行うことができます。
3.近隣挨拶
解体には騒音や振動工などが発生し、近隣の方へご迷惑をおかけすることになりますので、事前に粗品を持ってご挨拶に伺います。施主様も同行していただければ、より丁寧です。
4.内装の取壊し・不用品撤去
建物から手作業で撤去できるもの(内装物、畳、壁材など)を全て取り除きます。これらは分別して処分場へ持ち込むことで、リサイクルが可能です。
5.足場・養生シートの設置
鉄パイプで足場を組み、近隣へのご迷惑を最小限に抑えるため養生シートを張ります。これは騒音被害・粉塵の飛散被害をできるだけ抑えるためのものです。
6.屋根葺き材の撤去
転落に注意し、屋根瓦、スレート、トタンなど屋根材の撤去作業を行います。素材によって廃棄方法が異なりますので、きちんと分別しながら解体を進めます。
7.重機・人力での解体
構造のみになった建物は重機で一気に潰すのではなく、人力による廃棄物の分別を行いながら解体を進めます。重機を使用すると大量にホコリが出るためため、散水は徹底して行います。
8.基礎の解体
建物の解体が終わったら、その下の基礎コンクリートを取り壊します。重機でコンクリートを砕き、土の中に埋まっている鉄筋を取り出してそれぞれ分別した後に処理場へ運びます。
9.整地
全ての解体が終わり、廃棄物を運び出しても現場には木くずやコンクリートなど細かいゴミが残っていたり、地面がデコボコしていたりでは完全な更地とは言えません。これらを全て取り除き、平らにならして表面をきれいに整地していきます。

河合組へのお問合せ